カテゴリー:カテゴリ

古来より貴重なタンパク源とされてきた『蜂の子』

古来より貴重なタンパク源とされてきた『蜂の子』

『蜂の子』はハチの幼虫のことで、ハチの幼虫やサナギ全般を指します。ミツバチだけでなく、スズメバチやクロスズメバチなど様々なハチの幼虫やサナギが蜂の子と呼ばれています。

ハチミツやローヤルゼリー、プロポリスに比べると馴染みが薄いかもしれませんが、世界では古くから薬として親しまれ、日本でも太平洋戦争時に貴重なタンパク源として全国で食されていました。現代日本でも長野県や岐阜県、愛知県などで郷土料理に使用されています。

近年ではその蜂の子の成分の研究が進み、その効能や栄養素が注目を集めています。今回は蜂の子の歴史やその成分などについて紹介をしていきます。

日本や世界における蜂の子の歴史を紹介!

蜂の子は古来よりメキシコやタイ、エクアドルなどでたんぱく源として食されていました。最古の歴史は150万年前。東アフリカで食べられていたという記録が残っています。

約2000年前に作られた中国最古の薬物書といわれている『神農本草経』によると、蜂子(蜂の子)は薬の中でも最高ランクに位置付けられていて、頭痛の改善や滋養強壮、皮膚や肉体の老化防止などが効果として挙げられています。

さらに中国の明の時代に記載された『本草綱目』においては、上記の効能に加えて便秘や梅毒、風疹、婦人疾患などに効果があると記されています。

日本においても、蜂の子は貴重なタンパク源。少なくとも1919年の調査では全国的にスズメバチの幼虫が食べられていたことが明らかになっています。蜂の子は昔から人間の健康に密接していたことがよく分かります。

蜂の子の成分にはどのようなものが含まれているの?

古来からタンパク源として有名だった蜂の子ですが、実際にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

蜂の子の主な成分はたんぱく質や脂肪、炭水化物などです。それ以外にも各種ビタミンや鉄、カルシウムなどを豊富に含んでいます。さらに、人間が体内で合成することができない必須アミノ酸9種類が含まれています。

近年では、蜂の子に含まれているたんぱく質を効率よく吸収できるように、あらかじめ酵素でたんぱく質をアミノ酸やペプチドへ分解をした蜂の子の研究も進んでいます。

蜂の子にはハチの栄養が濃縮されています!

ミツバチの場合は3日ほどで卵から孵化し、はじめの3日間はローヤルゼリーをもらい成長します。その後、働きハチとなるハチは花粉やハチミツをもらい成長し、6日ほどでサナギになります。

そのため蜂の子にはローヤルゼリーやハチミツ、花粉などの栄養が濃縮されていて、非常に効率よく有効成分を摂取することができます。

ぜひ毎日の生活に取り入れたい食材ですが、地域によっては手に入りにくいのがネック。蜂の子は蜂の巣があれば採取できますが、蜂に刺されるリスクがありますし、食べるのに抵抗があるという方もいるでしょう。

最近では、蜂の子の成分を効率よく摂取できる蜂の子の粉末やサプリメントも販売されていますので、そのようなものを利用するのもよいですね。

ページの先頭に戻る