カテゴリー:カテゴリ

蜂の子には実際どのような効能があるの?

蜂の子には実際どのような効能があるの?

蜂の子は中国では古くから上質な漢方として知られており、その歴史はなんと2000年以上前にもさかのぼります。当時は主に若さを保つ効果で知られていました。日本においても、戦時中の貴重なタンパク源として全国的に親しまれていました。

そうして人間の長い歴史の中で役に立ってきた蜂の子。検査技術の進歩によって成分の研究が進み、蜂の子には様々な健康効果があるということが明らかになってきました。

今回は、蜂の子にはどのような効能があるのかを見ていきましょう。

蜂の子は耳鳴りや難聴に悩む方への強い味方!

耳鳴りや難聴に悩む人は少なくありません。加齢だけでなく、ストレスや自律神経の乱れなどから難聴を引き起こす人も多く、医薬品ではなかなか治りにくいのが特徴です。

最近の研究では、蜂の子が耳鳴りや難聴に効果を発揮するということが明らかになっています。耳鳴り患者に12週間酵素分解した蜂の子を食べてもらったところ、聞こえにくさが実際に改善したという実験結果も出ています。

蜂の子には自律神経の不調を整えるセロトニンや、耳鳴りを予防する亜鉛が豊富に含まれることが理由であると言われています。

医薬品ではないため効き目が出るまでには日数がかかりますが、人によってはすぐに効果が出る方もいるようです。

古来から実証されていた!不老長寿の効き目

2000年前の中国の書物『神農本草経』では、蜂の子は『上品』という部類に位置付けられていました。上品とは、生命を養い、不老長寿をもたらすという最高ランクのものです。昔から蜂の子は老化を防止する効果があるとされていました。

実際に蜂の子には『アルギニン』というアミノ酸が豊富に含まれています。アルギニンは成長ホルモンの分泌を増やすアミノ酸のことで、新しい細胞を生み出したり、細胞の老化を予防するサポートをしてくれます。皮膚の代謝を高めたり、薄くなった頭髪を増やす効果が期待できます。

また、神経細胞の材料となるアミノ酸『セリン』も含まれているため、脳細胞の活性化にも役立ちます。蜂の子は肉体だけでなく、精神面の老化も防いでいるのですね。

栄養豊富で多種多様な効能がある蜂の子

蜂の子の効能として一番知られているのは耳鳴り・難聴ですが、心身の老化を防止する役目もあります。また、蜂の子には各種ビタミンやミネラル、必須アミノ酸など、現代人に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。

とくに良質なタンパク質をたくさん含んでいることは昔からのお墨付きです!筋肉を増やし代謝を上げる手助けをしてくれます。代謝が上がれば消費カロリーが増えますので、ダイエット効果も期待できますね。

病気だけでなく健康維持の手助けをしてくれる蜂の子。難聴に悩む方だけでなく、美容やダイエットが気になる若い女性の方や、頭髪の薄さや筋肉の衰えに悩む男性の方にもオススメなのです。

ページの先頭に戻る