カテゴリー:カテゴリ

実はあまり知られていないローヤルゼリーの正体

実はあまり知られていないローヤルゼリーの正体

滋養強壮ドリンクなどによく『ローヤルゼリー』という成分が含まれています。ビーミルク、蜂乳、王乳などとも呼ばれています。

ハチミツと混同されやすいのですが、実はハチミツとは全くの別物です。ハチミツは花粉を蜂の巣の中で貯蔵したものですが、ローヤルゼリーは若い働き蜂が唾液腺から作り出すクリーム状の物質です。味もハチミツとは大きく異なり、特徴的な酸味があります。

このローヤルゼリーには非常に神秘的なパワーが秘められていて、ハチの生態に深くかかわっているのです。今回はハチの生活におけるローヤルゼリーの働きや成分について詳しく見ていきましょう。

ローヤルゼリーは女王蜂と働きバチの分かれ目

ミツバチの巣にはたくさんの働き蜂、そして女王蜂が存在しますが、実はどちらも同じ卵から孵化したメスです。

孵化してから3日目まではどちらもローヤルゼリーを与えられるのですが、4日目以降は女王蜂となるメス蜂は別の場所へと移され、ローヤルゼリーを与えられ続けます。一方、女王蜂以外のハチたちは花粉とハチミツを与えられます。

その結果、女王蜂は大きさが働きバチの2~3倍、寿命は30~40倍となり、毎日1500個もの卵を産み続けることができるようになります。ローヤルゼリーの有無だけでこれだけの差が生じてしまうのです。

一体なぜ女王蜂が育つの?ローヤルゼリーの成分を紹介!

ロイヤルゼリーが女王蜂を生み出す秘密は『ロイヤラクチン』というタンパク質にあります。ロイヤラクチンをショウジョウバエに与えたところ、寿命が伸びる・産卵数が増えるなど、女王蜂と同じような効果が得られたという実験結果が出ています。

ロイヤラクチン以外には24種類のアミノ酸やビタミンB群、ミネラル、タンパク質を含んでいます。ローヤルゼリーのアミノ酸スコアは鶏卵と同じ100であり、非常に良質なタンパク質を含むという研究結果も出ています。

また、肝臓に脂肪が蓄積しないようにするイノシトール、代謝を助けるパントテン酸、自律神経の働きを助けるアセチルコリンなども含まれています。

ローヤルゼリーは自然が生んだ神秘な物質です

ミツバチは巣の中で女王蜂と働きバチからなる階級社会を形成していますが、その大きな鍵となるのがローヤルゼリー。メスの働き蜂と女王蜂は同じ遺伝子を持っているにもかかわらず、ローヤルゼリーを摂取しただけで非常に劇的な変化を遂げます。

人間への作用については疲労回復効果が昔から有名ですが、栄養バランスもよく、必須アミノ酸やビタミンなどの様々な栄養素を含んでいます。

最近ではその成分が注目を浴び、ローヤルゼリーを手軽に摂取できるサプリメントも発売されています。毎日疲れがちで栄養が偏りやすい現代人にとっては、強い味方になるのではないでしょうか。

ページの先頭に戻る